血糖値200を超え糖質制限になった私が試したもの。それは、糖質制限サポートスムージー「糖質スリム」

 

 

 

                     【私の自己紹介】

 

 

 

 

私は、関西に住む49歳の男性です。

 

仕事は、殆ど座りっぱなしの事務職で勤続17年。

 

あまり体を動かさずパソコン作業が中心です。

 

食事は、朝からがっつり食べます。

 

特に昼は肉が多く、焼肉定食やミックスフライ定食、とんかつ定食や

 

ハンバーグ定食を好んで食べてます。もちろん、すべて外食です。

 

とにかくビールが好きで毎日350ml缶を4本は飲んでます。

 

つまみは唐揚げか餃子が多く、たまに焼き鳥やチーズを食べます。

 

体型ですが、170センチの73キロで外見上太って見えることはありませんが、

 

お腹がビール腹で若干出ています。(笑)

 

 

 

私の勤めている会社は、健康診断が年に2回あります。

 

今の会社で勤続17年、健康診断を受けた回数は30回以上になります。

 

そのうち要検査と言われたことは今までありませんでした。

 

たまに中性脂肪の数値が若干高かったことはありましたが、至って健康体でした。

 

 

ところが、前回の健康診断でとうとう悪い結果が出て

 

しまったのです。

 

初めて血糖値が200を超えてしまいました。

 

健康診断を受けた時間は午前10時で朝食は

 

パン1枚でした。

 

とくに朝食で甘いものを食べたわけではないのに、

 

血糖値が急激に上がってしまい、その数値を見て驚きを隠せませんでした。

 

 

健康診断の結果、「内科を受診して下さい」

 

と言われました。

 

糖尿病は合併症が恐ろしく怖い病気と知っていましたので、

 

直ちに病院に行きました。

 

 

 

 

 

検査の結果、糖尿病までは行かずとも立派な予備軍で、

 

このままでは確実に糖尿病になると言われました。

 

そして、「これからは食事療法が大切です」と言われ、

 

糖質制限をして血糖値を下げるよう勧められました。

 

病院である程度のことは教えてもらいましたが、

 

自分でも色々調べて糖質制限の計画を立てました。

 

 

そもそも糖質制限とは

まず、糖質とは炭水化物から食物繊維を除いたものの総称で、炭水化物が

 

全て糖質とは言えません。

 

しかし、炭水化物中に占める割合が大きいことから「糖質≒炭水化物」と

 

考えられています。

 

 

糖質制限とは、毎日の食事において炭水化物の摂取を制限することです。 

 

「白米や麺類、パンなどの炭水化物」は食事の中でも割合が大きい糖質にあたるため、

 

これらの炭水化物を制限します。

 

 

 

炭水化物の摂取を制限した食事を

毎日続けることで、血糖のコントロ
ールと体重のコントロールを適切に
行うことが出来ます。

 

糖質制限は、糖質(炭水化物)の摂取制限を行うことで、血糖のコントロールまたは体重のコントロールにおいて効果が表れやすいメリットがあります。

 

1日に摂取すべき糖質の量は、通常の摂取すべきエネルギー総量の50%〜60%とされています。

 

 

 

ただし、糖質制限食の基準は、糖質量でありカロリー量ではありません。

 

血糖値を上げるのは糖質(炭水化物−食物繊維)だけなので、糖質を控えれば

 

血糖値を下げるインスリンの追加分泌が抑えられます。

 

また、摂取した余分な糖質を脂肪として体に蓄積するインスリンの作用も

 

抑えることができます。

 

三大栄養素のうち、たんぱく質、脂質、食物繊維は血糖値を上げないので、

 

カロリーを気にせずに摂ることができます。

 

今までの常識として、カロリー制限が減量効果や糖尿病の食事療法に適切で

 

あると言われてきましたが、今は糖質制限による食事療法が主流になりつつ

 

あります。

 

 

これらを踏まえて糖質制限食を始めました

 

最初から厳しく制限しても続かないと思い、あまり

無理せず始めてみました。

 

原則として米や小麦粉、砂糖を沢山使った食品
など糖質の多い食べ物を減らしました。

 

基本的に肉や魚、卵などは好きなだけ食べられ        これらは食べる量を考えて
ます。
                                   塩味でいただいてました。                                                     

 

ですが、味付けは基本的に塩味のみです。

 

下の表は自分で食事のルールを作り、紙に印刷
して冷蔵庫に貼ったものです。(笑)

 

食べていいもの

控えるもの

牛肉、豚肉、鶏肉 白米、五目御飯
魚介類、海藻類 ラーメン、うどんなどの麺類
納豆、豆腐、大豆製品 パン、ドーナツ、ハンバーガー
椎茸、えのき茸などキノコ類 果物(少量にする)
チーズ、ナッツ類 牛乳、ジュース
ウイスキーなどの蒸留酒 ビール、日本酒などの醸造酒
卵、オリーブオイル お菓子、白砂糖
緑茶、麦茶、ほうじ茶 添加物(なるべく)、油

 

 

糖質制限食のメリット

 

 

白米やパン、麺類などを食べると血液中の糖質が急激に増え、

 

すい臓からインスリンというホルモンが出て糖質を取り込みます。

 

糖尿病患者の場合、インスリンが少なく糖質を取り込みきれません。

 

取り込み切れなかった糖質は周りの細胞を傷つけ、動脈硬化や失明などの

 

リスクを高めます。

 

そこで食事から糖質を減らすことで、血液中の急激な糖質の増加を防ぎます。

 

すると、少ないインスリンでも糖質が残りにくく合併症などのリスクを

 

下げることができます。

 

 

 

 

 

 

【私の糖質制限食を紹介します】

 

第一段階
1日3食のうち、夕食だけ白米を抜くことでした。
とりあえず1週間試してみる。
1日の糖質の摂取量は、110〜140gを目標にします。

 

実際にやってみた結果、夕食だけ白米を抜くことは容易にできました。
特に大変な事でもなく、これならずっと出来ると思ったくらいです。

 

 

第二段階
1日3食のうち、朝食と夕食から白米を抜くことでした。
1日の糖質の摂取量は、70〜100gを目標にします。
これも1週間試してみる。

 

この1日2食の白米抜きは、かなりきつかったです。
朝食にパンを食べることもあり、なかなか慣れれなかったです。

 

 

第三段階
1日3食のうち全ての食事から白米を抜くことです。
ここまで来るとパンも麺類も制限します。
期限はこの先ずっとです。

 

糖質制限食を始めて僅か3週間目にしてここまで制限した

結果、テレビのグルメ番組やラジオ、ネット情報と色んな所からの誘惑に負けてしまいそうになることも数多く、時には
負けてしまい後悔
したことも何度もありました。

 

また、糖質の多い食材(麺、パン、イモ類、根菜、果物、
スイーツ)や調味料も制限したのでストレスが半端なく
溜まっていました。

 

 

ただ、今は糖質ゼロの発泡酒や炭酸飲料も多く出ているので、それらを上手に使って
ストレス回避にも心掛けていました。
 

 

 

糖質制限のおかげで、食事のカロリーは以前の3分の1にまで減りました。

 

血糖値の指標も大幅に改善しましが、無理したことで体調が悪化してしまい

 

身体のバランスを崩してしまいました。

 

その当時は、スタミナがなくなり力が入らず風邪もよくひきました。

 

立ちくらみも頻繁におこったり、口内炎ができたり、やっぱりバランスの良い食事が

 

大切なんだと気づかされました。

 

 

結局、糖質を減らせば減らすほど、血糖値を下げる効果が期待できますが、
十分なカロリーを保とうとすると、たんぱく質や脂質の量が増え栄養のバランスが
偏ってしまいます。よって、減らした分のカロリーは、動脈硬化のリスクや腎臓への
負担が少ないオリーブオイルなど植物性の油で補うことにしました。
何もオイルだけをガブガブ飲むわけではなく、サラダや魚介類に積極的にかける
ようにしました。

 

 

また、この頃は栄養バランスも考えて色々なサプリメントを

 

取ることにしました。

 

しかし、サプリメントは気軽に栄養を摂取できると言っても、

 

薬と同じ感覚で飲み込むだけなので、かなり物足りなさを

 

感じていました。

 

そこで、バランスよく栄養とカロリーが摂れるものを探しました

 

食べ物で栄養を摂ろうとすると、余分に食べてしまう危険性があるため、飲み物で良いものを探していました。

 

最初は、野菜ジュースやトマトジュースで栄養価が高く糖質の少ないものを探しましたが、そんなに都合よく見つかるものではありませんでした。

 

ネットや健康本で探しても中々見つからず、会社の同僚に相談してみました。

 

 

 

するとその同僚は体重を減らすために糖質制限ダイエットを

していました。

 

「これって、自分とは目的が違えど求めてる結果は同じだ!」
と思ったのです。

 

そこで内容を聞いてみると、「糖質制限サポートスムージー、
糖質スリム」を
飲んでると言うのです。

 

私は、初めて聞いた飲み物だったため詳しく聞いてみました。

 

 

 

するとこのスムージーは食物繊維の量が大変多いとのことで、すぐに満腹感を
感じれると言うのです。

 

当時私に欠けているものは、ズバリ満腹感でした。
そのため、即座にこれはいいと思ってしまいました。(笑)

 

 

 

また、栄養バランスを聞いてみると、5種類もの食物繊維と乳酸菌、各種ビタミンを
配合してると教えてくれました。

 

私が求めているものに合致していたので、自分でも色々と調べてみました。

 

すると、同僚に教えてもらった内容以上に良い飲み物とわかりました。

 

栄養成分については、あまり聞いたことのないものばかりでしたが、これらの栄養成分が1日の始まりには非常に適したものでした。

 

 

 

【成分は以下の通りです】

 

  • 乾燥おからパウダー
  • デキストリン
  • 水溶性食物繊維
  • 大麦若葉粉末
  • ヘンプ種子抽出物
  • 乳酸菌末
  • やまいも発酵エキス
  • りんご発酵エキス
  • バナナ・キウイ発酵エキス
  • ガルニシアカンポジア抽出物
  • ギムネマ粉末
  • 穀物醗酵エキス

 

 

【このスムージーはこれだけで終わらず、さらにメリットがありました】

 

  • 不溶性・水溶性食物繊維の両方が入った5種類の圧倒的食物繊維
  •  

  • 合成甘味料を使わず、血糖値に影響しないエリスリトールとステビアのみを使用 
  •  

  • スーパーフルーツ酵素と乳酸菌をダブル配合
  •  

  • 炭水化物からのエネルギー産生をサポート
  •  

  • 1杯わずか、2.47kcalでたったの約166円

糖質制限サポートスムージー「糖質スリム」を飲んでみて

 

会社の同僚に「糖質スリム」を教えてもらい約3ヶ月続けたところ、

 

以前に比べて食事に関するストレスはあまり感じなくなりました。

 

170センチ73キロの体型が、170センチ68キロになり身体が軽く感じます。

 

そしてビール腹のふくらみも、いつしかすっかり凹んでスリムになりました。(笑)

 

【一番の目的だった血糖値の減少は、目標達成となりました。】

 

思えば最初の糖質制限は、毎日が苦しくて何度も挫けましたが、

 

ようやく落ち着いたのか最近では糖質を取らないことが普通になり

 

健康を維持できています。

 

やはり自分にあった糖質制限と、それに代わる補助的な栄養補給は

 

欠かせないと思います。

 

私の場合はたまたま会社の同僚から自分にあったサポートスムージーを

 

教えてもらえたことが、今の健康維持に繋がっていますが、当初のサプリメントや

 

野菜ジュースなどではここまで続かず健康維持どころか、血糖値の減少も

 

達成できなかったと思います。

 

 

いま現在血糖値が高く悩んでいる方や、体重を減らしたいと思われてる方には、
この糖質制限サポートスムージー「糖質スリム」をお勧めします。

 

 

 


あなたを糖質の悩みから解き放つ「糖質スリム」